事業内容

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは、社会福祉法に規定された地域福祉推進を目的とする社会福祉法人です。全国の市町村に一つずつ設立されています。

では、「地域福祉」とは何でしょうか?
それは、誰もが住み慣れた地域で暮らせるよう、みんなで協力して地域の福祉課題の解決に取り組む考え方です。具体的には、「生活上で何らかの支援を必要とする方へ、公私の社会福祉関係者から福祉サービスを提供すること」や「ボランティア活動をはじめとする、地域(住民)参加・協力による"支えあい活動"」などがあげられます。

社会福祉協議会は、地域の皆様のご協力のもと地域福祉の推進を行い、誰もが住み慣れた地域で暮らせることを目指します。

活動の財源について

社会福祉協議会の活動の財源は、下記の通りです。

  • 会員の皆様からの会費
  • 共同募金配分金
  • ご寄付いただいた浄財
  • 積立てした基金の利息
  • 収益事業からの繰入金
  • 市や県からの補助金・委託金 など

社会福祉協議会は、地域のみなさんや各事業所の方々に会員になっていただき、事業をすすめてまいります。また、地域の代表・福祉団体・機関によって構成される理事会や、評議員会で組織されています。

常滑市社会福祉協議会の事業内容

高齢者・障がいのある方の支援

生活困窮者自立支援

とこなめくらし相談支援センター(生活困窮者自立支援事業)として、病気や失業、負債等により、生活に困った方々のご相談を受け付けております。相談員が問題解決に向けて一緒に取り組んでいきます。

福祉教育活動の推進

次代を担う児童・生徒を対象に、福祉の啓発を図るため、市内の小・中学校で実際に車イスに乗ったり、手話を学ぶ福祉実践教室を行っています。

ボランティア・市民活動の振興

ボランティアセンターを設置し、ボランティア・市民活動の振興を図るための活動を推進しています。市内にはボランティアグループが数多くあり、それぞれ積極的に活動しております。また、市内各地域で開催されている高齢者の集まる場「ふれあいサロン」を応援しています。

子育て支援

子育て支援の一環として、仕事や用事等の理由で子供の面倒みてほしい方(依頼会員)と、子どもの面倒をみてくれる方(援助会員)を募り、会員相互で"育てのたすけあい"を行う「とこなめファミリーサポートセンター」を運営しています。障がいのある子どもの放課後サポートや、経済的に困窮している家庭の子どもたちへの学習支援活動等も行っています。

とこなめ市民交流センター

とこなめ市民交流センターは、子育て支援・生涯学習・ボランティア活動等の活動の場・交流の場として、毎日たくさんのみなさまにご利用いただいています。2018年春、1階ロビーを改装し、より使いやすくなりました。館内にはエレベーターや多目的トイレが設置され、どなたでも利用しやすくなっています。ぜひお気軽にご利用ください。

〒479-0852
愛知県常滑市神明町3-35 (旧鬼崎公民館)
TEL:0569-43-0660 
FAX:0569-43-0838

※2階の講義室等は年末年始を除き、9:00から9:30までご利用いただけます。

※利用予約・受付時間は、月曜日から金曜日(祝日・年末年始除く)の8:30から19:00までです。

講義室・会議室のご利用について

とこなめ市民交流センターの講義室・会議室は、地域の皆様に貸し出しをしております。「地域のイベントで利用したい」「ミーティングができる広い場所を探しているという場合には、ぜひご利用ください。ご予約はお電話・メールにて承ります。

TEL:0569-43-0660 
メールフォーム

困りごと・心配ごとの相談を受け付けております

心配ごと相談所として、介護や子育てに関することなど、幅広いお困りごと・心配ごとの相談を受け付けております。相談は予約制ですので、まずはお電話でお申し込みをお願いいたします。

日時 毎月第2・第4火曜日 13:30~15:30
場所 とこなめ市民交流センター
相談員 第2火曜日は民生委員・社会福祉士
第4火曜日は民生委員・弁護士

〒479-0852
愛知県常滑市神明町3-35

TEL:0569-43-0660FAX:0569-43-0838